ピンサロ禁止9事項

ピンクサロンなど

ピンクサロンは、席でお酒の相手をしてから口や手での性的サービスを行い。
建前上は接客して飲食させるところなんだけど、中身は性風俗といっても過言ではない…。
サービスとしては、短時間で多くの女の子にフェラチオのサービスをしてもらえて、1985年あたりからブームになった花びら回転は記憶にあります。

安い費用で数人の女の子に口でサービスしてもらえるのは良いですよね。
ただ、基本は生でフェラされますので病気が怖いですよね。
キャバクラは、お客さんの横に座ってお酒やおしゃべりのサービスをするところで、サービスとしては隣に座ってお酒を造ったり、タバコに火をつけたり、カラオケしたり、おしゃべりをしたりというとこで、基本的に一般の女の子を相手にしてお酒を呑みに行くだけの場所です。

アフターやその後ということも常連客でプレゼントもたくさんあげて気に入ってもらえたらありえるかも。
ランパプやセクキャバは、お客さんの横に座ってお酒やおしゃべりのサービスをする。
サービスとしてはキャバクラと同様ですが、コスチュームが過激で女の子へのタッチがOKの店が多い。
ショータイムでボディータッチやテーブルダンスする店もある。
もちろん料金的には、キャバクラよりも若干高めでショータイムに参加する場合は別途費用がかかる場合が多い。

プライベートで誘う

これは絶対にNGです! 女の子はデリヘル業者が雇っているスタッフなのです。 キタナイ言い方をしまうと女の子は商品なので、その商品をプライベートで誘うことは絶対にやってはいけません。
もちろん携帯電話の電話番号を聞くこともしてはいけません。 このような行為をすると、デリヘル業者が定める規約に違反することとなり、その場でプレイは注意され、プレイ料金の返金はありません。 そして二度とそのデリヘルを利用することは出来なくなります。

いくらプレイで仲良くなったからと言って、貴方の電話番号を教えてもいけません。 もし、貴方がそんな行為をし、それがデリヘル業者のスタッフの耳に入ってしまうと、貴方は規約違反となります。
つまり、デリヘルというのはくまでも擬似恋愛ということです。 お金を支払ってその場だけ楽しむ!

これはデリヘルだけではなく、その他風俗でも同じことです。 どんな風俗でも女の子と男性客はあくまでもスタッフとお客さんなのです。
プライベートなことはベットの上だけにしておきましょう。 後々問題になって後悔しても遅いというわけです。